ウォレス・アカデミック・エディティング

英文校正
信頼の3段階プロセス

国際レベルにふさわしい論文作成をお手伝い

お客様の論文が国際ジャーナルレベル(最高水準)に達するよう、ネイティブエディターが校正します

ウォレスならではの英文校正サービス

お客様の論文が国際ジャーナルレベル(最高水準)に達するよう、英語ネイティブのエディターがしっかりとサポートします。

ステップ1:ネイティブ専門家2名による校正

ウォレスでは、論文一本に必ず2名の校正者を起用します。最初に、専門分野を熟知した英文校正者が、専門分野の観点から校正を行います。次に、学術英語のライティング / ジャーナルを熟知した校正者が、 言語面から細部までチェックし、洗練された英文に仕上げます。

ステップ2:英文校閲者による、徹底した品質性

校正後、今度は校閲者が原稿の質を確認します。この段階で、論文中に不必要な語句や冗長な表現が含まれていないか細部までチェックし、必要に応じて修正や削除を行います。

ステップ3:最終確認ミーティング

英文校正と校閲が終了した後、当校正者と校閲者で再度ミーティングを行います。校了原稿が各段階で正しく校正されているか、当事者3人により最終確認を行います。

英文校正の作業例

間違いやすいポイントを把握

ウォレスのエディターは、とりわけノンネイティブが間違いやすいポイントである、受動態の誤用、不自然な言い回しや文の構成、冗長な表現、時制の間違い、 主語と動詞の不一致といった点に留意して校正を進めます。

ネイティブらしい表現に改善

日本語と英語とでは言語の形態や構造が異なります。その点を理解した上で、原文の意味を崩さないよう注意し、より意味が伝わりやすく、 よりネイティブらしい表現に改めていきます。

修正箇所などが一目瞭然

文章中に不明瞭な箇所がある場合、エディターは修正を加えると同時にその旨のコメントを追加いたします。これによりお客様は、 修正部分が本来の論旨に沿っているかどうか容易に確認いただくことができます。

簡潔で、説得力のある英語表現

冗長な表現は文章の価値を高めるものではありません。本来の意味を崩すことなく、不必要な文章を添削し、論文をより簡潔で、より説得力あるものに仕上げることがウォレスの役割です。


もっと詳細な校正例

ウォレスの校正サービスがお客様に選ばれる理由

  • エディターと校閲者による複数回にわたる校正と校閲
  • ネイティブエディターによる英文校正と高度な英語力
  • ジャーナル規定を熟知したサポートによる、高水準のジャーナル受理率
  • すべての校正に英文添削サービスが含まれて余計な出費を大幅カット
  • 業界一の低価格で最高品質の校正サービス(3.8円から)
  • 妥協のない原稿品質管理とアフターサービスの保証

細部に至るまで確実に校正

論文校正で重要なポイント

英語ネイティブによる校正

厳格な校正品質管理

学術英語の規定に精通

ウォレスは、過去15年にわたり19万件以上の論文を手掛けてきました。経験豊富な校正チームが学術英語で間違いやすいポイントをピックアップし、お客様の論文を一つずつ細かくチェック〜校正いたします。

  • 文化の違いを考慮した適切な表現に修正:
    言語や文化的背景の違いがミスコミュニケーションを生む場合があります。例えば日本では過剰な自尊心や傲慢な態度は嫌われるため、受動態の文章や持って回ったような表現が多く使われる傾向があります。 しかし、英文ライティングにおいてはこのような表現は「ヘッジング」と呼ばれ、欧米の読者には自信のない意見のように聞こえてしまいます。 また、最悪の場合、研究の成果や手法が不十分と判断されてしまうこともあります。表現の自由を重視する欧米社会では、簡潔な表現や能動態が好まれます。 当社では、これらの点を考慮しながらテキストの修正作業を行っています。
  • 曖昧で冗長な文をコンパクトに:
    日本人の英文ライティングで多いのが句読点(パンクチュエーション)の誤用です。そもそも日本人は1つの長い文の中にさまざまな概念を盛り込みがちなので、文脈を捉えるのが難しくなりがちです。 そこに句読点の誤用があれば、なおさらです。当社の校正では、1つの文の論点は1点もしくは2点に絞ります。その上で適切な用語を使うとともに、句読点や接続詞の用法を正すことで、 より簡潔で伝わりやすい文に仕上げていきます。
  • 不適切な表現や俗語の修正:
    砕けた表現や、差別や軽蔑を伴う不適切な俗語などを細かくチェックし、全て適切な表現に書き換えます。 例えば、「old people」や「policeman」といった言葉は、現代の欧米社会では受け入れられません。それぞれ「older adults」、「police officer」に改める必要があります。
  • 語彙の選択と文法の一貫性をチェック:
    正確な語彙の選択と文法の一貫性は英文ライティングの基本です。文法チェックにおける重要ポイントは、基本的な語形変化、主語と動詞および代名詞の一致、時制、不規則動詞、時制と特殊な用法の一致 (代名詞、文の前後関係の一致、など)です。また、語彙の選択には、特に細心の注意を払います。例えば、暗示的な意味の変化(例:courage/courageous)の語根、学術用語の接頭辞 (科学技術用語、 ラテン/ギリシャ語彙)の正確性などです。
  • ジャーナルの論文投稿規定(スタイルガイド)の遵守:
    論文には分野ごとに特定の執筆規定があります。例えば、社会科学論文はAPA(アメリカ心理学会)、電気工学はIEEE(電気電子技術者協会)、化学はACS(米国化学会)、AMAなど、それぞれにスタイルガイドがあり、 それぞれ言語、主題、事実の伝え方、表、アイコンなどの表記ルールが異なります。当社では、お客様の論文の分野に応じて、最適なスタイルを選んで校正サービスを行います。

当社がお手伝いしたジャーナル掲載論文

  • Biological Engineering & Computing -  A hybrid strategy to integrate surface-based and mutual-information-based methods for co-registering brain SPECT and MR images, Yuan-Lin Liao,Yung-Nien Sun, Wan-Yuo Guo, Yuan-Hwa Chou, Jen-Chuen Hsieh, Yu-Te Wu.
  • Clinical Neurophysiology - Reorganization of functional connectivity during the motor task using EEG time–frequency cross mutual information analysis, Chia-Feng Lu, Shin Teng, Chih-I Hung, Po-Jung Tseng, Liang-Ta Lin, Po-Lei Lee, Yu-Te Wu.
  • IEEE submission- Semiconductor manufacturing - Optimization of the Optical Whiteness Ratio for Flexible Display by Using Taguchi’s Dynamic Approach, Chao-Ton Su, Chia-Ming Lin, and Chun-Chin Hsu.
  • IEEE Electron Device Letters - Hollow-Cathode CVD N2 Plasma Treatment for Performance and Reliability Improvement of LTPS-TFTs, Ching-Lin Fan, Yi-Yan Lin, and Shou-Kuan Wang.
  • Statistics and Computing - A new functional statistic for multivariate normality, Wang,Chun-Chao, Hwang,Yi-Ting.
  • Proceedings of the 2011 International Conference on Machine Learning and Cybernetics - Usage of Smart Mobile Device at the Telemedicine, Chien-Nan Lee, Yiu-Tong Chu, Ling Cheng, Chia-Chen Wu, Chan-Yueh Yang.
  • 2011 IEEE International Workshop on Electromagnetics : Applications and Student Innovation Competition - The Design and Implementation of the E-BIKE Physiological Monitoring Prototype System for Cyclists, Chien-Nan Lee, Lung Chan, Chan-Yueh Yang, Guan-Ying Lee, Ci-Ruei Ciou.
  • Journal of Constructional Steel Research - Numerical modeling of the fire–structure behavior of steel beam-to-column connections, Lee, C.H., Chiou, Y.J., Chung, H,Y,, Chen C.J.
  • International Journal of Ad Hoc and Ubiquitous Computing (IJAHUC) - Energy-Efficient Data Reporting with Sink Mobility Support in Object Tracking Sensor Networks, S.-F. Hwang, K.-H. Lu, L.-R. Yang, C.-R. Dow, C.-W. Chen.
  • IEEE Transactions on Systems, Man and Cybernetics Part C: Applications and Reviews 38 (6), pp. 802-815 - A hybrid system integrating a wavelet and TSK fuzzy rules for stock price forecasting, Fan C.Y.
  • IEEE Communications Magazine - How NAT-Compatible are VoIP Applications?, Y.-D. Lin, C.-C. Tseng, C.-Y. Ho, and Y.-H. Wu.
  • Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering - Biomechanical differences of Coflex-F and pedicle screw fixation combined with TLIF or ALIF - a finite element study., Cheng-Chan Lo.
  • International Journal of Innovative Computing, Information and Control - Modeling and optimization of double-dynamic robust design experiments, Hsu-Hwa Chang, Y. K. Chen and H. C. Liao.

お問い合わせ

メールマガジンの購読

ウォレスが厳選した論文ライティング・テクニック
ライティングフォーマット、修士・博士課程学生のためのキャリアプランニング
修士・博士課程の学生および研究者向けの学習コンテンツ
毎週お客様ご指定のメールアドレスへ自動配信、随時キャンセル可能

中国・香港・台湾では、修士・博士課程の学生や研究者35,000人以上が購読しています。

学術ライティング以外の内容が配信されることはありません。購読はいつでもキャンセル可能です。安心してお申し込みください。